profile

写真 2015-03-03 19 15 37

MINA: 埼玉県出身
  誕生日  9月15日
         趣味  映画鑑賞、音楽鑑賞
       

ソロシンガーとしての活動と平行してユニットバンド(MINAとゆかいな仲間達)での活動も。

♪*****************************************************************************♪

まだまだ未熟者の私ですが・・・私のご紹介を少しだけさせていただきたいと思います。

父が民謡を歌っていたため、少しだけ影響を受けました。
そして、母からは少しだけロックとムード音楽の影響を受けて育った私。
小学生の頃よりピアノのレッスンを受けていましたが、ピアノよりも歌うことが大好きでした。
いち早くそんな私を見つけ出してくれ、色々な歌の舞台を作ってくれたのが、両親とピアノの先生(キー・マン?キー・ウーマン?)だったと気づくのはずっと後になってからの事…。

歌の勉強をするべきか…また、英語の勉強をするべきか…保育士さんになるべきか…
迷いましたが、やっぱり歌から離れられなかった私は歌の道を選びました、(東京ミュージック&メディアアーツ尚美(Vocal/choral))

そこで当時担任の先生(恩師)から「ジャズに合う声」だと言われましたが十代の私にはジャズは古い音楽の様に思いました(当時の流行りは打ち込みのダンサンブルな音楽だったので^^;)
授業でジャズに接してみても《敷居が高い》そんな風に思っていましたが、私の声を評価してくださった先生から《留学》とゆう言葉が出たときに正直なところチャンスが巡ってきた!と、いう気さえ起きず…
まだジャズとの接点を繋げることができていませんでした。色々な経験を経て、ある日、父に連れて行かれた先のお店で父の友人に会い『ジャズ。歌ってごらんよ!』と渡された3本のテープ。
そのテープの中にはジャズスタンダード曲がたくさん入っていました。ジャズと私。人生で2度も勧められてそこでやっとつながることができました。
そして、かつてピアノのレッスンを受けていた先生から「ステージでジャズ!歌おう!」とお誘いが…
カセットの中の1曲目、ヘレンメリルの『you’d be so nice to come home to』がジャズを歌う最初の1曲になりました。

『ジャズを歌ってもいいの??』   出逢いと女は度胸!!

のめり込むようにジャズを聴き始めたのはそこからでした。《遅まきになってしましましたが、出会わせていただいた方々のアドバイスに感謝!》
私自身心の準備が追い付かないうちに、ステージやアットホームな場所でジャズを歌わせてもらえる機会に恵まれて、
女は度胸!と、笑いながら言える経験の積み重ねが色々なアーティスト方々との出逢いに繋がり、たくさんのご縁をいただきながら歌わせていただいております。
ジャズナンバーはもちろんのこと、色々なジャンルの音楽を取り入れる事で、私のように敷居が高いと思っていたジャズに親しみをもっていただいたり、音楽を楽しんでいただけるように結成されたバンドです。

今日もどこかで感謝の気持ちを胸にソロシンガーとして、歌を聴いてくださる皆様とのご縁を大切にしながら歌わせていただいています。

私と出逢っていただき本当にありがとうございます。

                                         MINA

minayuka1